FC2ブログ

くりえいと

GIMP、Inkscapeなどについての覚書を残していきます。IEで見ると、右メニュー崩れてる…(汗

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受講3日目

illustrator、奥が深いよなぁ…。
日々、そんな事を思いながら作業を進めるわけです。

photoshopもなんとかなんとか、「ほぉ、そういうことがお主はできるのね。」と徐々にではあるけれども正体がわかりつつある。

ただねー、『あ、こうしたい!』と思った瞬間にどのツールをどういった手順で使えばいいのかというのが、まだ瞬間的に出てくるわけではなく、あぁでーこぉーでーと唸りながらなもんで。
作業効率悪いったらありゃしない。

今日やった課題の中でも、一応見た目は完成なんだけど、工程に無駄があるだろうな…と思いながらまずは作る事に専念したりで。

まずは武器(ソフトの機能)の使い方を身につけねば、戦には出かけられないので辛抱強くやりますわ。


今日の【備忘録】
photoshop編
◆chap3-1,2
・写真全体をモノクロ化 → [イメージ]→[色調補正]→[彩度を下げる]
・カラーとモノクロ、その境界線をぼかしたい → 元となるカラーのレイヤーと、モノクロ化したレイヤーを用意して、モノクロ化したレイヤーにグラデーション加工
・部分的にイラスト風にするには? → [フィルタ]→[表現手法]→[輪郭の検出]
・背景レイヤーは一番奥となるので、他レイヤーは背景レイヤーより奥にはおけない。
・テキストに対する効果と不透明度 → テキスト部分だけを透明にする:塗りつぶしの%調整で テキストとそれに対する効果も透明にする:不透明度の%調整で

photoshop編
◆chap3-2-3
・全く違う二つの画像を、あたかも一つの画像のように見せるには → ベースとなる画像と加えていく画像とで分けて考える → まずは加える画像側の加工(切り抜き)などをする → 加工したものをベースとなる画像へコピペしていく
・拡大・縮小 → [編集]→[自由変形]でバウンディングボックスを表示させて、拡大縮小する。
・全く違う画像を元に1つの画像を作る際、ピンとの合い方に不自然さが生じるので[フィルタ]→[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]などであえてピントがずれたような加工をしておくと、より自然に見える。
・illustratorにある“レイヤーの複製”はphotoshopにはないので、代わりの作業として選択範囲で全てを選択→コピペすることで新しいレイヤーを作成することになる。

illustrator編
◆chap4-1
・イラストを書くためにガイドラインが欲しい場合は、四角形オブジェクトを作成し、[表示]メニューから[ガイド]→[ガイドを作成]を選択し、四角形オブジェクトの線を点線にしてから作業を行う。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

音楽大好き❤

カテゴリ

新着記事

月別アーカイブ

時計

フリーソフトの活用書

質問・ご意見はこちらから

your name:

your address:

件名:

質問・ご意見内容:


    

BLOG内検索


    

RSS


    

つながり

このブログをリンクに追加する

    

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

    

PR

ご協力いただけるとたすかります!

copyright

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。