FC2ブログ

くりえいと

GIMP、Inkscapeなどについての覚書を残していきます。IEで見ると、右メニュー崩れてる…(汗

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シームレスなtextureを作る

textureを作成するとき、境界線またぎの模様を考えるのが大変。
難しいなぁ~と思うことがあります。

それが、Inkscapeのタイルクローン機能を応用することで、それを割と簡単に確認することができるって、気付きました。

今回は、0422_texture01.png ←このtextureをつくってみたんですが。

一枚だけだと雰囲気が伝わりませんね。
並べた状態のものが↓こちら↓。
0422_texture01_1.png


簡単に作る過程をご紹介します。

今回はベースとなる画像の大きさを白銀費にして、幅:高さ=5:7にしてみました。

手順1:矩形を描く
 この時、後の作業でフィル塗りつぶしの方がいいか、ストロークのみフィルなしがいいか、デザインによって変わってくると思いますが、私はフィル塗りつぶしでストロークなし状態で矩形描画しました。

手順2:描いた矩形をグループ化する
 オブジェクトを1つしか描いていませんが、その1つのオブジェクトを選択した状態でグループ化します。
 これ、後々大切な作業となります。

手順3:タイルクローンで3行*3列
 毎度おなじみ、タイルクローンで3行*3列で9マスの描画をします。

手順4:クローン元の画像をずらす
 出来上がったクローンの下敷きになってしまっている元オブジェクトをずらして、作業しやすい位置に移動させます。

手順5:移動させた元オブジェクトをダブルクリック
 このダブルクリックは、何の意味があるのか?
 実は手順2で行ったグループ化がここで意味を発揮します。
 元オブジェクトをタイルクローン前にグループ化している場合、ダブルクリックするとそのグループの中にオブジェクトを足すことができるのです。
 元々は1つしか描いていなかったのですが、ダブルクリックすることでそのグループの中にオブジェクトを足す行為が可能になるのですねぇ~。
 ここで、シームレスtextureの模様を自由に描いていけばいいのです。
 そうすると、あら不思議。
 クローンも自動的に同じ模様に変わっていきます。

手順6:グループ内で描画をして、textureを仕上げる
 手順5で説明したように、自由に描画して、仕上げていきます。
 ただし、元オブジェクトよりはみ出した部分は、タイルクローン上では場合によって隠れます。
 ※元オブジェクトの右下角にはみ出すような追加オブジェクトを描くと意味がわかると思います。
 ※逆に左上角に置いたものは、前面扱いになっているので、どのクローン上でも見えるようになっているはず。


おまけ:シームレスになるようにするためのコツ
 慣れないうちは、左右対称または上下対称となるような模様で試してみるのがいいと思います。
 元となる矩形オブジェクトの上下左右の境界線に、追加したオブジェクトの中心点がくるように配置すれば比較的簡単に調節ができます。
 このとき有効活用できるのが、スナップ機能です。
 オブジェクトの中心点にスナップする機能をONにしながら、上手く調整してみてください。
 あとは、ガイド線を上手く利用するのもいいと思います!

ちなみに例にあげたtextureは、元オブジェクトに対して★オブジェクトを差分で切り抜いて、フィルタの切抜き発光を適用。
元矩形と同じサイズの矩形を別途用意して、背面に設置。
あとは、エクスポートで出すのみ。

今回はタイルクローンで作成したもの、そのものを使うのではなく、作業過程のなかで調整するためにタイルクローンを活用して、最終的には元オブジェクトを吐き出すという内容でした。

何かのお役に立てば。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://create00if.blog.fc2.com/tb.php/39-63f509a6

音楽大好き❤

カテゴリ

新着記事

月別アーカイブ

時計

フリーソフトの活用書

質問・ご意見はこちらから

your name:

your address:

件名:

質問・ご意見内容:


    

BLOG内検索


    

RSS


    

つながり

このブログをリンクに追加する

    

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

    

PR

ご協力いただけるとたすかります!

copyright

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。